山下ふみこオフィシャルブログ

2013.01.26

福島の子どもを守れ

福島の状況、本当のことは自らが求めなければ、メディアからは真実を見出すことはできない。

家族を守るのは自分以外にはないということ。福島の被ばくは今も続いている。

「福島の子どもを守れ」 ドキュメンタリーです。


2013.01.24

紙芝居屋さん

毎月1回、保育園での紙芝居屋さん。

園児たちに10円の紙のお金を持たせて、飴玉くじを引いてもらい、その飴玉をなめながら
(昔のスタイルのように)紙芝居を観てもらえたらという、橋田幸子さんのアイデアで始まった
紙芝居屋さん。

言い出しっぺの幸子さんが主体になって、もう4年以上続いている。

昨年から新メンバーが加わりレベルアップ。園児たちの視線をくぎ付けにする術は本当にすごい。

いくら「静かにしないともう紙芝居読まないよ~」なんて言っても、「じゃぁ、いいよ~」なんていう子も
いるので、脅しても無駄。大声を出しても無駄。

じゃぁ、どうやって?それがあるんですね。元保育園にいたまりちゃんたちのテクニック。
保育園の先生ってすごいなぁって思うこの頃です。

新園児も半年も経つと本当にお行儀よく紙芝居に集中できるようになっていきます。

当初はお膝の上に抱っこしなければいけなかったり、甘えん坊さんが多かったのが、回数を重ねていく
中で、成長していく姿をみると、園での集団生活における体験が成長につながっていると感じます。

子どものきらきら輝く瞳を感じると、幸せな気分になれます。でもそんなことがたびたび起こるわけでは
ありませんけど・・・

今日もHappy !

2013.01.24

視察3日目・愛知県岡崎市の下水道料金改定

視察3日目は愛知県岡崎市。

ここは全国的に八丁味噌の産地として知られる。人口37.4万人の中核都市です。

市内を矢作川が南北に、乙川が東西に流れ、支流も数多く存在する。市の中心部には岡崎城があり、
桜の名所としても有名であり、徳川家康生誕の地でもある。

広い河川敷きには、朝、散歩の方や生徒のランニング集団が行き交い、和やかな景観を呈し
本当に住みやすそうなまちである。

今回、ここには下水道料金改定を行った経緯とその状況を伺うことが目的である。

市役所の玄関をはいるとコンビニがあり、休憩所も兼ね備えていることには驚き。

料金改定をした背景や料金値上げの根拠、市民への対応などを伺う。

まずは下水道普及率だが、愛知県でも最も高く85.9%。(全国平均は75.8%)

平成21年4月からの値上げだが、5年ごとの基本計画の見直しと同時に料金改定の見直しも行う。

今回の値上げは夫婦と子供二人の平均世帯では1カ月183円で7.9%up。最高は14%up。しかし、
これも段階的に引き上げるという。

下水道の使用料単価:126円、汚水処理原価:128円と処理原価との差はあまりないが、沼津市の場合、
使用料単価:72円/1立法m、汚水処理原価:177円と1立方m処理するのに、使用量の2.3倍100円も
余分にコストがかかるわけで、使えば使うほどその処理コストが上がっていくわけで、赤字が膨らむのは
容易に理解できる。

汚水処理原価177円の内訳=資本費(公債返済費)94円+維持管理費83円

この使えば使うほどコストが膨らむという逆ザヤ傾向をどう考えるのか。適正な受益者負担を考えると、
資本費100%負担を目指す事が求められるわけだが非常に難しいのが現実である。

沼津市の場合、平成7年以降料金の値上げをしてきていないので、ここで改定をすることが目的でもあった
ようで、私の場合、それは視察中に気がついたわけで・・・

市民に料金値上げをお願いする前になぜそうなったのか、そうしなければならないのか原因究明をし、その
理由を明確に市民に示さなければならないはず。

特に沼津市の場合、昭和42年から作った整備フレームで整備を始めたが、その着手や普及が
遅れたために、単独浄化槽を設置した世帯が多く、今後、下水道や合併処理浄化槽に変更するには、
各家庭の事情もあり、特に高齢世帯には大きな財政的負担もあり、難しい状況が控えている。
こうして、普及率も低いが、水洗化率が低い理由は接続率が悪いために起きているわけです。

岡崎市は普及率も高いが接続率を上げる為にシルバー人材センターに委託し、2班体制で1件1件のお宅を8000件回り、個別接続指導をし、その実績を上げたという。

また、沼津市の下水道事業は毎年30億円からの赤字補てんをしていかなければならない状況をどう
改善していくのか、事は料金値上げでは済まされない現実があるわけで、今後、
当局が出してくる資料をもとに十分議会としても議論をしなければならないはず。

今回の視察の成果は、議論をするための問題点をたくさんもらい、その議論の経過を市民にきちんと
公表し、理解していただけるように、議員としてもその説明責任は重い。

このような視察の機会を得たことに感謝し、沼津市にとって、開かれた議会を目指していくためにも
微力ながら力を尽くしていきたい。

2013.01.24

視察2日目・倉敷市の下水道事業

1月17日視察2日目は倉敷市。

温暖な気候に恵まれた瀬戸内海に面し、47.7万人の中核都市である。JR山陽新幹線で倉敷駅に到着。

白壁の町並みで有名な美観地区を有し、年間640万人の観光客が訪れる観光都市の駅前は
大変整備され女性観光客が喜びそうである。

早めの昼食をとって市役所へ向かう。

ご当地特産・ままかり寿司

赤レンガづくりの大変豪華な庁舎である。

この緑の木立の奥が駐車場という。

倉敷市の下水道事業の整備ついて議員会館の中の一角でお話を伺う。

下水道の普及率は73.3%(沼津市52.2%) 整備について沼津市と決定的に違うのは、優先区域を
市街化区域を調整区域より優先して面整備を行ったことである。

当然と言えば、当然であり、住宅密集地から下水道整備をすれば、普及率は格段に上がるわけである。
そのためのインフラ整備に都市計画税を市街化区域に住む住民は払っているわけである。

ちなみに沼津市の自主財源である都市計画税は毎年30億円以上の歳入がある。

倉敷市は将来の人口減少や財政状況の厳しさが増している中で、下水道の整備・管理に関して、全体計
画区域の縮小をし、計画区域から外れた住民に対しては、合併処理浄化槽を進め、そのための補助金など
の対応をしている。

下水道全体計画区域の見直しをした場合の試算は、事業費は300億円縮減し、整備期間は10年短縮できるという。しかし、単独浄化槽の変更や合併処理浄化槽の整備費用に100億円必要。

調整区域に関しては、集落単位ごとに経済比較をしたうえで検討しているというように、きめ細かくその区域
の状況の見直しを進めているようである。

果たして、沼津市おいて、倉敷市のような計画区域の縮小等の見直しが可能であるか。

私が考えるには、大変難しいのが現実であると思う。

すでに他の自治体は、市街化区域の整備が進んだ中で、計画区域の見直しと合併処理浄化槽の推進を
始めている。

その中で、沼津市は今までの下水道整備が都市計画区域外から整備をし、狩野川左岸処理区や西部処理区の
整備率は30%台。もっとも大きな沼津市の中心地の計画面積が進んでいないわけである。

当局が言うように、人口減少・節水型の機器の普及、・経済の低迷によって、有収水量が減っているから、
使用料金が減少しているというのは、間違ってはいないが、正しい評価ではないと思う。

大きな間違いは今までの整備計画に大きな問題があったからである。この反省を踏まえて、
下水道の見直しや今後を考えていかなければ、下水道整備における市民の負担は増大し、
住民の理解は得られるものではない。

今までの排水処理計画があり、補助金等の問題があるにしろ、沼津市の財政赤字の元凶に
踏み込まなければ沼津市の未来はないと思う。

下水道整備の本来の目的は、この美しい自然と生物と生活環境を守るための整備であるのですから。

そのあと、美観地区の指定となっているところへ向かう。

倉敷市は女性市長である。HPをみると大変ユニークな市長でもあるようです。今回お会いできませんでしたが、HPから市長の定例記者会見の動画もみてください。市民にとてもわかりやすい報告をしています。

http://citizen.city.kurashiki.okayama.jp/mayor/

2013.01.24

視察1日目・周南市のコンベンションシティ

1月16日~18日の2泊3日で建設水道委員会のメンバー7人・部長2人・事務局1人の総勢10人で
視察に行ってきた。

まずは山口県周南市 2003年に2市2町で合併して今年で10年、人口14.9万人。
ここのコンベンションシティ推進事業の取り組みが視察目的であった。

周南コンビナート(写真右手)をひかえ、西日本有数の工業集積地であり、国際拠点港湾・
徳山下松港を有する港湾都市。

写真中央に見えるのは駅前にあるアーケード街。ここにある唯一の近鉄百貨店は2月に撤退
をするという。視察後に一人でアーケード街を歩いてみたが、人通りはなく、空き店舗の張
り紙も多く、駅前は全く活気がないように見える。

現在、徳山駅周辺整備事業として、南北自由通路、橋上駅舎を建設中。
(駅構内にはこのような看板があった。)

↑ クリック

まず最初に案内された周南市役所はクラシックな建物。築60年というだけあってロココ調のモダン?
な建物である。

そこでレクチャーを受け、コンベンションシティに向かう。

広大な敷地に全国レベルの文化会館(S・57年)やスポーツセンター(H・4年)がある。

すでにあるこれらの既存の建物を利用して、交通の利便性もあることから、各種大会やイベント等の
誘致を図り、交流人口の増大や新たな産業につなげたいということで、平成24年4月、周南市コンベ
ンションシティ推進事業の取り組みを開始。

このスポーツセンターは平成4年に建築されたものだが、この建物名はスポンサー企業の名称を
とりいれている。(ネーミングライツ)

日本では、東京スタジアムが2003年に味の素と契約して「AJINOMOTO STADIUM」と名称がかわり、
これが国内初の事例と言われる。

このネーミングライツの企業の宣伝効果は大きいことを実感する。

ここで開催されるすべてのスポーツ大会に、企業名がついたSC(スポーツセンター)の名前が公表
されるわけで、その効果たるやいかに。

メインアリーナは収容人数7,575人・2,835平米。バレーボール4面がとれる広さ。床は板張りだが、
ここで、新車の展示(数百台)・特産市等のイベントも、床の上にシートのようなものを引くことで
問題はないという。

多目的ホールは収容人数2,853人・1,575平米。(バレーボール3面ほどの広さ)

駐車場・350台+臨時駐車場300台

その他は弓道場や会議室、健康ルームなどがある。

指定管理者は周南市体育協会。指定管理料は1.1憶円/年。とくにスポーツの稼働率は高く、毎日予約
で埋まっているという。稼働率(件数ベース)は81.2%。

沼津市の場合、展示イベント施設3,900平米・駐車場467台。指定管理料5,000万円/年     
平土間無柱空間で車での直接搬入可能 

沼津市と大きく違うことは、床張りであることからスポーツと展示イベント等の両方の誘致が可能に
なっていることである。

沼津市には他県からスポーツ合宿で毎年来ている学校があり、狩野川べりをランニングしている姿を目
にすることがある。合宿理由は気候が温暖なことや周辺に高校がたくさんあり、対抗試合に事欠かない
ことだという。公式戦ともなれば、家族等の応援団も来ることになり、スポーツでの波及効果は大きな
ものがあると予想される。

沼津のスポーツでの立地条件は本当に良いと思うし、実際、他市との試合が多く行われている。愛鷹運動
公園は整備されているが、雨天の時の練習場がないことがネックになっている。

合宿をする団体にとっては、雨天の時にも練習ができる施設があれば本当に好条件が揃うことになる。また
市民のスポーツ志向は高齢化になってますます盛んになっている傾向がある。

今回の周南市のコンベンションシティの取り組みは、大きな反省を突き付けられたような思いがしている。

翌日は岡山県倉敷市「下水道事業について」。ここでも沼津市の下水道事業の困難さが浮き彫りになる。
(次回に続く)

2013.01.16

全国フェミニスト議員連盟

昨日の雪が一面に残っている雪景色の東京に出向く。

今日(15日)は参議院議員会館で全国フェミニスト議員連盟の集中講座です。10:00~18:30まで
昼休みの1時間以外はノンストップの講座。最後には頭が真っ白になってしまったほどの集中講義
でしたが、私にとっても今後の方向性を示唆したものになった。

1)子どもへの支援~就学援助

  ・国の施策の現状と次年度予算について   文科省担当官
  ・就学援助制度部関する調査        山野良一 竹山トシエ

   昼休み

2)ジェンダー視点で予算を考える

   税・社会保障の惨状    大沢真理東大社会科学研究所教授

3)スクールソーシャルワーカーの実践から学ぶ

  ・その仕事について  天野敬子
  ・国の施策の現状と次年度予算       文科省担当

4)公契約条例

   昼休み中に記念撮影

全国から集まった女性の地方議員。この全国フェミニスト議員連盟とは、日本の政策決定の場である議会に余りにも少ない女性議員を増やしていくため1992年に全国の市民、議員がつくった会員組織だそうです。

沼津市においても、女性の声を政治に反映する社会を創るためにも、今後女性議員を増やしていけるような活動をしたいと考えている。しかし、女性が政治の場に出ていくことは、大きなハードルがあり、まして子育て中の女性にとっては至難の業であるが、その必要性は今後ますます高まっていくと実感している。

2013.01.14

2013年に向けて

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

昨年は本当に多くの事がありました。

 市長選挙、そして総選挙では民主党の自壊により自民党が圧勝して、経済最優先の施策の中で原発再稼働から新増設へ原発推進策が復活。福島第1原発事故による問題は解決されないまま、脱原発政策が忘れ去られようとしています。憲法を改正し、軍事対決路線の危険性もはらんでいる安倍政権。

国の政策によって地方も大きく変わってきています。

沼津市の停滞は1月末の西武の撤退後、ますます市民の閉塞感は増していくでしょう。地震等による防災対策、環境整備、産業再生と雇用の促進、子育て・・・多くの課題を抱えて、これからの時代は今まで以上に、自治体トップの指導力と議会の対応力が問われます。

昨年の低投票率を受けて、議会と市政への市民参加を拡げることも議員としての大きな役目だと感じています。

沼津の未来を創るために、皆さんと一緒に力を合わせ、強い決意をもってこれらの難局に挑戦し続けます。

どうか本年も変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
みなさまにとって、今年が幸多い年になることをお祈り申し上げます。

---------------------------------------

★★★★★ふみこチャレンジ通信NO11★★★★★

     ↑ 画像をクリック

  

     ↑ 画像をクリック

   

     ↑ 画像をクリック

   

     ↑ 画像をクリック

   

カレンダー

«1月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ