山下ふみこオフィシャルブログ

2013.03.26

香貫山影奉仕の活動

香貫山の清掃活動を行う。先月は雨で中止になり、久々のゴミ拾い活動。

近頃は山に登ってくる方が其々ゴミ拾いをしてくれているということで、ずいぶんゴミが減っている。
ただ、まだまだ斜面の奥にゴミを投げ捨てていく人が後を絶たないが、それでもずいぶん減ってきて
いる状況をみると、矢張りきれいになっているところにゴミは捨てにくいのかも。

今回は犬のお友達が飛び入りしてくれて嬉しいサプライズです。

こんなにきれいになってすっきり~~

翌日はNPOサプライズの影奉仕がサポートをして(三島市大場)高校の生徒会が主体になって行って
いるゴミ拾いに参加。伊豆箱根鉄道沿線にある高校がゴミ拾いを通してつながり始めているという。
どうしてゴミ拾いを通して高校生がつながっていくんだろう・・・

高校生と一緒になって、いろいろの話をしながら大場近辺のゴミ拾い。ご近所の方々とも朝の挨拶を
交わしながら、何気ない会話が楽しい。

このゴミ拾いが楽しいという学生たち。そして確実に沿線の三島--伊豆の国市--伊豆市までつながり
始めている高校生たち。ゴミ拾いを通して多くの発見をしているのだろう。もちろん、伊豆箱根鉄道
の協力は欠かせない。

東駿河湾環状道路と伊豆中央道が繋がると、30分もしないで伊豆市から東名高速にのることができる
という。戸田も土肥から迂回したほうが断然早いという。

沼津市は子育て世代が近隣市町への流出が全国で7番目に高いという結果がでているが、実は沼津市の
企業からの移転問い合わせがこのところ多くあると近隣の自治体から聞く。

その代表格はベアードビールだろう。伊豆市は6次産業と言う位置づけで市長をはじめ、職員が一丸と
なって多くの難題を乗り越え、拠点を伊豆市に移す事に昨年決まった。

それ以前、2年近く沼津市での事業拡大を探ってきたが、断念せざる得なかった。沼津市にとって本当に
その痛手がどんなに大きいのか計り知れない。

本当に伊豆箱根鉄道、そして東駿河湾環状道路と伊豆中央道が繋がることで、これから伊豆市は本当に目
が離せない地域になってくるだろう。

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ