山下ふみこオフィシャルブログ

2013.04.08

アベノミクスで庶民の生活はどうなるの?

今日の朝刊を見て、「やっぱりね・・・」って思うことがあった。

★★大手企業100社内部留保99兆円★★

大手は利益を人件費に回さず。リーマンショック以降は社内に貯め込んでいる。

企業は市場不安が払しょくされない中、手元資金を確保し危機に備えているという。

↑ クリック

アベノミクスが始動して、世の中、株価が上がり、円高になり、景気が良くなり、安倍さんのおかげと
言う人が多くいる。

借金したって、金が回り事業をバンバンやれば、雇用も上がり借金も返せる。だからアベノミクスは
歓迎すべきと言う。

本当に国民の生活がこれで豊かになっていくわけ?

円安が進むということは食料品もガソリンも値上げになり、日々の生活必需品は上がり、
来年は消費税が増税へ。

安倍首相は物価上昇率2%を目指し、日銀総裁も金融緩和策は何でもやると言って、
国債をどんどん買いあげることでお金が市場にどんどん出回り、これぞデフレ脱却のインフレ到来か??

友人は「物価が上がる前に今のうちに家も建て、あれもこれも買っておこう」と言っている。

建築関係者も確かに「家が売れている~今~」 でもいつまで???

つまり、アベノミクスって、消費が増えて物価が上がり、インフレになるっていうことなのか。

でもね、本当に私たちの暮らしは良くなっていくの?

人口は減って、高齢化になり、税金を納める人より税金を使う人が増える、社会構造自体が大きく
変化している。

実際、アベノミクスの恩恵を受ける人はどれだけいるのだろうか?

今日の朝刊は従業員に還元していないっていうことじゃん!そのために労働者の賃金は下落傾向が
続いている。

このグラフを見て!(景気が良くなっても賃金が上がっていない現実)

統計元:国税庁 平成23年 民間給与実態統計調査結果

↑ クリック

2002年~2008年(平成14~20)、日本は史上最長の好景気を記録し、企業は史上最高収益を
あげたのに、この間会社員の平均年収は下げ続けられ、物価も下がり続ける。

「好景気になれば賃金が上がる」というのは全くのウソで、その後も賃金は下がり続けている。

なぜなら、今日の朝刊がその理由

企業は儲かったお金は、社員に還元しないで内部留保か株主に配当するだけってこと。
賃金はいったん上げると下げにくいから、今は業績が良くても、いつ落ちるか分からないから、
賃金は上げずにとりあえずボーナスを上げて行こうって姑息な手段?

賃金が下がりっぱなしでは消費も落ち込み、物価は下がり、
デフレからは抜け出せないと思う。


これから消費税増税になれば、消費はどんどん落ち込んでいく。

最悪の場合、スタグフレーション(不況なのに物価が上がり続けること)になってしまう!



まずは雇用促進と賃上げを先にしなければ、一般庶民は先行き不安です。

カレンダー

«4月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ