山下ふみこオフィシャルブログ

2013.05.27

香貫山の貯水タンクの老朽化?

香貫山の頂上にある水道水の貯水タンクからの水漏れがひどいという市民からの連絡を受ける。
既にこの状況は2週間前には起きていたようで、当初、市役所に連絡をしたようだが、何も音沙
汰がなかったと聞く。

そして先週、再度連絡をし、水曜日に水を引き上げるセンサーの故障と言うことで応急処置を施した
という連絡を担当課から受けたが、今もってその状況が改善されないという市民からの連絡が入り、
さっそくその現場に足を運ぶ。

山の頂上にある貯水タンク。そこからゴウゴウオと滝のように水が溢れ出ている。

配管の口径は直径15センチはあるだろうか。そこからオーバーフローした水道水が勢いよく出ている。

その水はそのまま山に放出されている。

この状況がセンサーの故障で許容量以上に吸い上げられ、オーバーフローを起こしているらしい。
この状況が少なくとも2週間は続いているわけで、たとえ断続的であったとしても、この水量は一体
どのくらい流れ出てしまっているのだろうか。

山に登ってくる人からは、「こんな状況があって、水道料金を上げられては堪らない。なぜこの状況に
すぐ対応しないのか。」と怒りの声。

応急処置のまま既に数日が経過している。業者に依頼するため時間がかかるにしても、この状況は緊急時
とは思わないのだろうか。

市民が気づいてから、既に2週間以上経過しているわけだから、山への影響は本当に大丈夫なのだろうか。

当初、西斜面には山肌を伝って水が流れ出ている状況が続き、その原因が何故か判らなかったという。
普段、水が流れているところではない山肌から水が流れている状況は貯水タンクと関わりがあったの
だろう。

なぜ、役所はすぐ対応ができなかったのだろうか。

市民が市役所に連絡をしてもそれに対する回答がないというのは、市民から良く聞くが、私が日頃感
じるのは、役所全般と言うよりも、担当課によってその対応は大きく違うという現実は確かにある。
(それとも議員によって対応が違うのかも?)

この状況は市民に益々不信感をもたらすわけだから、なんとか改善していかなければならないのは
当然のことだが、とにかくこの貯水タンクの問題は何とかしなくては山が危ない。

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ