山下ふみこオフィシャルブログ

2013.10.24

着地型観光って?

今日は静岡県観光政策課の主催する東部地区の「ふじのくにニューツーリズム」のメンバーによる
プレゼンツアーを通じて、参加者とアドバイザー和歌山大学・大澤先生らの評価を頂き、
課題解決を図ることが目的のツアー。

“人を知り、我を知る”プレゼンツアー 参加者は川根本町・静岡・富士・御殿場・沼津から総勢18人+5人

県のマイクロバスでまず富士市へ

レストラン「レ・バケット」でソムリエ・田嶋みゆりさんの考案したピロシキ体験

私の手作りピロシキが出来上がり、熱々を頂く。

次はかぐや姫発祥の地の竹採公園へ

そこには白隠さんの御墓があった。

白隠禅師の遺骨は原の松蔭寺・三島の龍澤寺・そしてこの富士の無量寺に分骨されていた。
その白隠さんが「かぐや姫」誕生の地はここだと断定していることから、
この公園こそ竹取物語の発祥の地・・・何とか観光スポットしてアピールできないものだろうかと提案。

次は御殿場へ

ここでちょうどランチタイム。御殿場独特の山芋が入ったみくりや蕎麦を頂く。

わさび沢から駒門風穴へ

富士山が世界遺産登録をされた今年の夏初めて1日の来客数が1000人をこえる。
しかし、住宅地の中にあるこの名所は「そう人気スポットになっても困る・・・」と。

しかし、このブームも一過性のもの。今後どうやって他の観光資源と組み合わせてツアー化していくのか。

次は我がまち沼津市へ

金子綾さんのプレゼンツアー

老舗菓子やの「ほさか」へ

スイーツを購入した後、裏庭にある古井戸探索へ

そこからリバーサイドで珈琲タイム

地元の人が当たり前と思っているスポットが「まち歩きツアー」として成立をしつつある状況に
もっとアピールをしていくには?

最後は其々の課題や解決に向けてみんなで意見交換をする。

大澤健先生のいう「着地型観光」は地域ならではのものだという。地域で地元の人が受け入れられ規模で、
来る人との出会い、迎える側同士の結びつき、そういう人と人との結ぶつきが、地域を、
そしてまちを魅力的にしていくという。

だからこそ、少人数での対応しかできないし、民間ツアーの商業ベースには合わないツアースタイル
である。そして、それが地域の中で地域の人が主役になりえる、自己実現の場であるという。

迎える側も来て下さる方も、みんなで作り上げていく過程なかで、地域の繋がりや地域の良さを再発見し、
それが地域に根付いていくことが、まちの魅力を高めていくことになるのだろうか。

先生は観光は究極な言葉であらわすとするならば「愛」という。

そう、それと「人」

沼津の良さを改めて参加者から伺い、私も沼津の大好きな人たちと出会い、幸せな時間を共有させて頂く。

さて次なるステップをどうつなげていけるのか、宿題は残されている。

カレンダー

«10月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ