山下ふみこオフィシャルブログ

2014.11.23

アフリカの子どもたちへ教育を

娘からラインがきました。「ママが日本から初めてのスポンサー」と。「ええ~?」
娘の友人(Louren George)がタンザニアで貧しい子どもたちの教育に関わっていると言う。ローレンは再度、大学でinternational studies/teaching、国際的に教えるための教科を取得して、タンザニアへ再度わたる。
そこには信じられないほど貧しい子どもたちがいて、毎年、その学校に入れる子どもは25人だと言う。
www.steventitoacademy.org/sponsor

ローレンはこの子どもたちのために、学校のシステムをしっかり構築しようとしている。teachingを取得して再度タンザニアへ渡っても、彼女の給料は1日1000円ぐらいだと言う。
そんな彼女に友人たちは、この学校の子どもたちのスポンサーとして協力をしていると言う。

ローレンは娘の結婚式にはタンザニアから出席してくれて、彼女が子どもたちと折った千羽鶴を結婚祝いにプレゼントしてくれた。
帽子の箱に入った千羽鶴

子どもたちは安全に学校へ行けるように、スクールバスに乗って学校に行くことができる。たくさんの貧しい子どもたちの中から毎年たった25人の1年生しか学校に入れないと言う。

その25人の子どもたちのスポンサーが足りないので、なって欲しいと言う娘からのメール。ということで、1人の子どものスポンサーになるという$58/monthの証明書がネットで届く。
8年間1人の子どもとのスポンサー登録をする。

スポンサーになると子どもたちの学校に訪ねていくことができるようです。
毎週アップデートのメールとスポンサーの子どものプロフィールと年に2回の手紙が来るようです。

日本からのスポンサーは、私が1号のようでまだいないようです。
この子たちのスポンサーを募集中と言うことですので、よろしくお願いいたします。

カレンダー

«11月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ