山下ふみこオフィシャルブログ

2016.12.24

認知症の人が地域で普通に暮らす取り組み

12/22(木)富士宮市黒田にある区民館に毎週1回、誰もが参加できる場所、認知症や障がい者や家の中に居場所がない方等誰もが集まれる寄り合い処「黒田よりあいサロン」を見学に行く。
そこはちょうど神社の境内の中にある処です。
それを立ち上げた黒田キャラバンメイトの外岡さんのお話を伺う。彼は黒田の住民が「この町に暮らしてよかった」という日まで、この地域を住みやすいところにする活動は続けていくと、淡々と語る言葉に気負いはなく、ただただ、仲間と一緒に住みやすい地域を作っていきたい、認知症になっても誰もが安心して住める地域にするために、一つずつ問題を解決しながらやっていくうちに世界中から視察が来るようになっていたと楽しそうに話してくださった。

外岡さんはH20・10月にキャラバンメイトを取得。ちょうどこの時に近所の認知症のおばあさんが徘徊して起こした事件がきっかけで、徘徊しても地域の方がたくさんの目で見守ってくれて、連れて帰ってきてくれる地域になれば、認知症になっても誰もが安心して今までと同じように暮らしていける「黒田に暮らして居てよかったと言えるまちづくりをすることだったと考えたという。
ここには毎週20~30名が集まってきて、お茶だけで2時間本当におしゃべりをしていくだけ。しかし、その中で気の合った仲間同士で趣味の集まりを其々がしているという。こうして、地域のみんなの顔が見える関係を作っているので、認知症の家族を持った人はこの地域のキャラバンメイトに相談をすれば、徘徊をしたり、困ったことがあっても、地域みんなで取り組む体制を作りあげてきている。

キャラバン・メイトとは

キャラバン・メイトは認知症サポーターを養成する「認知症サポーター養成講座」を開催し、講師役を務められ人。
キャラバン・メイトになるためには静岡県が主催する所定のキャラバン・メイト研修を1日受講し登録する。登録したキャラバンメイトは、自治体と協力をして「認知症サポーター養成講座」を開き、認知症サポーターをつくっていく。

サポーターのなかから地域のリーダーとして、まちづくりの担い手が育つことも期待されている。なお、認知症サポーターには認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をつけている。この「オレンジリング」が連繋の「印」になる。

下の表は認知症キャラバンメイトとサポーターの数(2016年9月末)(クリック→拡大)
沼津市:メイト数227人 サポーター数16,708人
(人数は多くても、実質的に機能をしてるのか道かは別であり、沼津市の場合は今のところ富士宮のような取り組みには至っていない。)

認知症H28年9月末データー

カレンダー

«12月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ