山下ふみこオフィシャルブログ

2017.05.06

市政報告会が終えて

5/6健康福祉プラザ「サンウェルぬまづ」で「山下ふみこの市政報告会」を開催。大型連休中にもかかわらず、多くの方に来ていただき有難いことです。既に20回以上行っている報告会ですが、毎回反省する事ばかりです。わかりやすく単刀直入に市政について本音で語ることを心がけています。
今日は市民の方から、「周辺市町の元気さに比べどうなのか、こんなところに住みたくない、どうしたら市政への不信や不安を払拭していけるのか、自分たちはどうすればいいのか、自分たちにできることは何か・・」等、真剣な意見や質問が数多くありました。

今日、参加してくださった方々は、自分の世代で今何ができるのか、今、行動するためにはどうしたらいいのか、目の前のこともそうですが、自分の住む地域をどうしたら住みやすい、子どもたちを育む社会を作っていけるのだろうか、次の世代を担う子どもたちに何を残せるのかとその思いが伝わってきます。

市政報告会
市政報告会3

自分たちがいろいろの処で声を出さなければという思いは皆さん持っていますが、声を出しても何も変わらないという経験もされています。でも、諦めてしまって社会に向けて声を上げなければ何も変わっていかないのも分かっています。
次世代のことを考えて声を上げるということは、私たちにとっても住みやすい社会を作っていくことにも繋がっていきます。
まさにシニア世代に残された「しごと」とは、次世代を担う子どもたちを育む環境をみんなで考え行動していくことだとつくづく思います。
私もせっかく政治という社会にいるわけですから、自分に与えられた責務を通して、次世代のことを考えた政策につなげていこうと思うこの頃です。

成熟した社会は、目先だけのことにとらわれず、次世代のことを考えた行動をしていくものだという。でも成熟した社会とは何か?
今もいじめ、虐待、ネグレクト、パワハラ、セクハラ、大人の社会でもさらに陰湿になっている。
日本の議会というところも女性議員が少ない俺が一番的な男社会でもある。
10年前は役所も本当にひどかったから・・・担当課へ行って質問をしていたら、昼時間を15分すぎてしまったらいきなり怒り出して「公務員は昼を取る権利がある!」と机をドンと叩かれた。今その職員は部長になっているけれど・・・
しかし、怒られてからは昼になったら、「いいですか?」と一応尋ねることにした。
よく「可愛げがあったらなぁ~」と言われて早10年、充分シニア世代になりました。

今回の市政報告会は、反省も含め私が市議になった原点を改めて見つめなおすきっかけになりました。

横田医師が言うように、次世代を担う子どもに代わって社会に発言する(アドボカシー)責務を負うべきとあらためて考えさせてもらいました。感謝!

2017.01.30

私の市政報告会

1/28(土)13:30~市政報告会を開催。
11月議会の報告や財政や教育の問題、緊急入院された市長の容体など、今まで以上に参加者が真剣に耳を傾け、その後の質疑応答も活発に交わされ、市政の関心の高さに驚く。今までにないほど活発に意見が交わされたことは私にとって嬉しいサプライズであったことは言うまでもありません。
もっと一生懸命やるしかないって思わざるえない・・・本当に皆さんに感謝です。

いつも私の報告会を支えてくれている仲間。議員になる前から一緒に沼津のまちづくりを勉強してきた仲間は常に厳しく私の市政に対する姿勢もチェック。「まぁまぁ…人間だもの・・・」は、市政に対することに関しては、この二人にはこんな理由は通用しないもの。だから頑張ろうっていつも思っている。でももっとも良き理解者です。

2016.09.06

市政報告会 9/3

今年の夏はとても暑く、9月になってもその暑さは増すばかり。全国では台風の影響で大きな被害が発生している。
この暑さの中、足を運んでくださる方には感謝の気持ちで、私の議会報告を伝えたいと思う。
9/3(土)10:00~ 健康福祉プラザ「サンウェルぬまづ」で行う。

テーマ:小中学校のいじめ問題、ごみの最終処分場の問題&ひとり親家庭の学習支援、
    市長選への取り組みなど

2016.08.06

議会運営委員会視察第2日目

2日目は郡山市へ。取手市から上野駅に戻り、新幹線に乗り換えて1時間20分。
人口:338,712人
議員定数38人のうち女性は6人
H25年の12月から、「議会の改革・議会の活性化および市民にわかりやすい議会運営について」の調査研究を目的に委員15名で議会活性化特別委員会の設置。そして議会基本条例がH27年6月から施行。

●H24年9月から地方自治法の一部改正により、政務活動費検討委員会を設置し、郡山市政務活動費の手引き」を作成。
政務活動費の手引きは85ページにわたる膨大なもの。何よりわかりやすく、また情報公開に対応できるものになっている。
郡山市政務活動費の手引き」
https://www.city.koriyama.fukushima.jp/683000/documents/201412tebiki.pdf

郡山市政務活動費の状況(前期・後期)(1人当たり月10万円を会派に対して交付)
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/683000/documents/h27koukiichiran.pdf
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/683000/documents/h27zenkiichiran.pdf

沼津市27年度政務活動費の状況(1人当たり月4万円を会派に対して交付)
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/g-shigiki/g-sigiki/jyoho/27seimukatudouhi.pdf

H23年3.11を契機に「災害時の議員の体制」について(マニュアル化されたものはない)
・災害対策本部と連携し、災害対策業務等に協力する&市民生活の早期復興を図るという観点から立ち上げ、本部等への要請や提言を行うことを議会としての役割としている。
沼津市においても事前の準備はもとより、有事の際の対応について議員間において常に準備をしていくことが必要であると思う。

一問一答方式の導入時期:H17年6月からで、一人の発言時間は1年間で合計60分(答弁は含まないが、短すぎる?)
・電子化に伴う表決システムの導入経費(540万円)
・インターネット中継:導入経費409万円・ランニングコスト176万円
14行政センター(支所)でインターネット中継で本会議を放映。
H28から、スマホやタブレット端末で視聴が可能になる。
沼津市議会において、今回の視察を生かすことを早急に行う必要があると感じている。

2016.05.14

市政報告会 5/14

5/14、健康福祉プラザ・サンウェルぬまづで市政報告会を行う。会が始まった直前に参加者から、「長谷川先生に黙祷を捧げてはどうですか?」と提案があり、皆さんと1分間の黙祷を捧げる。

市政報告会2016_5_14 (2)

長谷川先生は私の市政報告会にもよく来て下さっていました。当初は心配だったんだと思います。この会場で毎回のように話をしてくださったことが走馬灯の様に蘇り、涙が止まらなくなっていました。
昨年の8月末に下さった手紙には、初めて先生が私のことを褒めてくださって、本当に嬉しかったことが思い出されます。今日は中間処理施設と体育館の計画変更になった話を財政的な状況を踏まえて説明をしました。
最後に、仲間からは昨日が私の誕生日だったからと花束のサプライズがあり、これもまた嬉しくて涙。
今回は「涙と怒りと笑いあり」と大変な報告会でした。参加してくださった皆様に心から感謝申し上げます。

中間処理施設の問題は、環境省に何度か質したが、やはり沼津市の言い分は環境省の見解とは違っている。オリンピックがすぎれば、建て替え更新ピークは過ぎるだろうと委員会での発言があるが、残念ながらその見通しはないというのが環境省の今の時点での見方である。
環境省の発表によると、今の時点で全国で1172施設の廃棄物焼却施設がある。
老朽化の現状
築20年超:379施設
築30年超:137施設
築40年超:  9施設
沼津市の焼却施設は1976年(昭和51年)竣工だから丁度40年経過している事になる。全国的にみても、40年経過している施設は数少ない状況にある。

地域の生活基盤を支えるための社会インフラである施設の適切な更新を行うことは、地域における安全・安心を確保することであり、来るべき災害時に備え、地域の復旧復興に欠かせない施設である。
今回の熊本地震の教訓を生かすことこそ住民の生命を守るために課せられた自治体の責務ではないだろうか。
それでも鉄道高架は選挙の結果こそ民意であり、それが民主主義と市長は言う。

  1 / 3  次のページへ

カレンダー

«8月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ