ますます困窮する財政から 私も目をそらさない

 2018年4月の市長選では結果を得ることができませんでした。でも、市長選に挑んでみてあらためて分かったことがあります。市民一人ひとりが抱えている問題です。そして一人ひとりの優しさや熱い思いと同時に伝わってきたのは市政に対する失望感でした。そして私の至らなさも分かりました。

今、私たちは「幸せ」と素直に言えるでしょうか?
人の価値観も生活環境も大きく変わってきているのに、政治は相変わらず過去の手法にしがみついています。もはや経済成長やモノの所有では、「本当の豊かさ」を語れなくなっています。

本当にその人がその人らしく生きていける暮らしを守り、安心して支え合える社会を創っていくには、私たち一人ひとりが、意識を変えていかなければなりません。そして政治のあり方を変えていかなければならないと今まで以上に強く思うようになりました。

誰も置き去りにしない、誰もが幸せと思える「本当の豊かさ」を実感できる社会を目指して、今必要とする政治のあり方を追求する無所属市民派議員として、市民の幸せと未来の子どもたちのために邁進していきます。

2019年1月 山下ふみこ

私の議員としての仕事は、弱い立場に置かれた人の尊厳が守られるために、何をしたらいいかを考え行動をする事です。何故なら、社会という中で、あるグループ(多数派)は権力や地位もあり影響力のある立場にいる人と、少数であり、権力も地位もない人は、何かをしようとするたびに壁にぶつかり、何とかこじ開けようともがいたり、その先が行き止まりだったりを経験します。

でも「どうしてもうまくいかない」ことって、実は権力や特権がかかわっていることが多いのかなと思います。特権のある人は、何か発言すれば勝手に動いてくれたりするので、そこに壁があることさえ気づかない。でもそうじゃない人は、何かをしようとするたびに壁にぶちあたって、その壁を乗り越えようともがきます。

私もある意味、そういう環境(議会)にいたからこそ,社会的に平等ではない差別や偏見によって弱い立場におかれている人を追い詰めるような社会は絶対おかしいと思っています。だから私はそういう人たちの思いを背負ってこれからもやっていきます。それは私の議員の中での原体験があるからなのです。

無所属 山下ふみこ 動画

  山下ふみこチャンネルで動画配信中! カテゴリー【動画】

 

9月議会(9/25)

1・「沼津市長期財政に関する試算」について
(1)試算の趣旨・目的及び既存の財政見通しとの違いについて
(2)試算の内容について ①30年間という長期間の設定②公共施設マネジメント計画との整合性③特別会計や企業会計への繰出し④地方交付税の見込み⑤市債と公債費

2・鉄道高架事業の費用便益分析(B/C)について
(1)1.5~2.4に下がった理由と今後の見通し
(2)他都市の連続立体交差事業との比較と沼津市の優先度
まとめ:高架事業は出生率を今の1.47から2.07にし転出入人口を±0にしなければ成立しない試算となっている。過大な収入と矮小化された支出の下でしか成立しない高架事業であることが判明。この試算をもって財政が大丈夫だとは到底言えず、市長自らが、この試算をもって、施策に反映するものではないと答弁では何故、30年間試算を出す意義とは?


活動報告・市政報告

財政問題 公共施設 老朽化問題 ファシリティマネジメント 鉄道高架業 メールマガジン登録

外部リンク