ますます困窮する財政から 私も目をそらさない

 2018年4月の市長選では結果を得ることができませんでした。でも、市長選に挑んでみてあらためて分かったことがあります。市民一人ひとりが抱えている問題です。そして一人ひとりの優しさや熱い思いと同時に伝わってきたのは市政に対する失望感でした。そして私の至らなさも分かりました。

今、私たちは「幸せ」と素直に言えるでしょうか?
人の価値観も生活環境も大きく変わってきているのに、政治は相変わらず過去の手法にしがみついています。もはや経済成長やモノの所有では、「本当の豊かさ」を語れなくなっています。

本当にその人がその人らしく生きていける暮らしを守り、安心して支え合える社会を創っていくには、私たち一人ひとりが、意識を変えていかなければなりません。そして政治のあり方を変えていかなければならないと今まで以上に強く思うようになりました。

誰も置き去りにしない、誰もが幸せと思える「本当の豊かさ」を実感できる社会を目指して、今必要とする政治のあり方を追求する無所属市民派議員として、市民の幸せと未来の子どもたちのために邁進していきます。

2019年1月 山下ふみこ

山下ふみこの応援会員募集中

議会活動と市民活動をつなぐ「地域政策づくりカフェ」に取り組みます。
一緒にまちづくりや市政のことを共有しましょう

無所属 山下ふみこ 動画

  山下ふみこチャンネルで動画配信中! カテゴリー【動画】

無所属 山下ふみこ × 女性IT起業家対談

山下ふみこ対談シリーズvol.1
山下ふみこ対談シリーズvol.2
山下ふみこ対談シリーズvol.3
山下ふみこ対談シリーズvol.4

 

9月議会(9/25)

1・「沼津市長期財政に関する試算」について
(1)試算の趣旨・目的及び既存の財政見通しとの違いについて
(2)試算の内容について ①30年間という長期間の設定②公共施設マネジメント計画との整合性③特別会計や企業会計への繰出し④地方交付税の見込み⑤市債と公債費

2・鉄道高架事業の費用便益分析(B/C)について
(1)1.5~2.4に下がった理由と今後の見通し
(2)他都市の連続立体交差事業との比較と沼津市の優先度
まとめ:高架事業は出生率を今の1.47から2.07にし転出入人口を±0にしなければ成立しない試算となっている。過大な収入と矮小化された支出の下でしか成立しない高架事業であることが判明。この試算をもって財政が大丈夫だとは到底言えず、市長自らが、この試算をもって、施策に反映するものではないと答弁では何故、30年間試算を出す意義とは?


活動報告・市政報告

財政問題 公共施設 老朽化問題 ファシリティマネジメント 鉄道高架業 メールマガジン登録

外部リンク