山下ふみこオフィシャルブログ

2016.03.13

2月議会 第3子以降の保育無料化へ

4市3町

県内に先駆けて、沼津、御殿場、裾野、三島の4市、小山、清水、長泉の3町が、第3子以降の保育は無料(第2子は半額)になる。
国は年収360万円以下の世帯が対象。
沼津市を始めとした4市3町は年収は問わない。
今まで第3子を小学校3年生までしかカウントできなかったが、18才までに年齢を拡充。
差額分は、各市町が自己負担をすることになる。

目的:人口減少対策&「子育てのまち」PR
首都圏に流出している若者世帯をターゲットに、子育て世代を県東部地域に呼び戻すための施策。駿東地区を「子育てのまち」としてPRするのが県の計画である。

第3子以降の保育料等助成拡大 (沼津市の場合)                               影響額
私立保育所(24か所・対象児童数300人)23,224人    55,012千円
公立保育所(7か所・)         8,016人     18,988千円 
私立幼稚園(22か園・対象児童418人)           45,410千円
公立幼稚園(戸田・大平・対象児童17人)          810千円
-----------------------------------------------------------------------------------
18歳未満の3人以上の児童がいる世帯の影響額120,221千円。この増額分は沼津市の負担。
この助成拡大は本来ならば、保育所と公立幼稚園だが、
沼津市は私立幼稚園も同様に年齢制限を撤廃し(就園奨励費の拡充)利用者の保育料の軽減につなげる。                                      

カレンダー

«3月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

アーカイブ

ブログ内検索

フィード