山下ふみこオフィシャルブログ

2018.10.26

What a nice nurse.

今朝はベビーのいる病院へ愉馬を連れていくが、途中で飽きてしまっていたずらを始めた。いくら静かにと言っても2歳になったばかりの彼にはその瞬間だけしか通用はしない。ベビーの周りにあるドクターの聴診器やベビーの物を取り出し始める。そこに看護師が来て、怒られるのかしらと思っていると、彼女は愉馬の前にしゃがみこんで話し始めた。

「ドクター愉馬、今から誰に聴診器を当ててみようか?」「誰にする?」と聞いて「ベビー」と彼が答えると抱きかかえてベビーの心臓に聴診器をあて始めた。「どう?」って聞かれると彼は「ニタっ」と照れ笑いをしながらも好奇心旺盛の顔をして聴診器をあててしばらく遊んでもらう。

さらに驚くのは飽きてしまった彼に部屋の片隅に連れて行って絵本を読み始める。1冊目、2冊目と彼女は読んでくれる。本当に魔法にかけられたように彼が絵本に夢中になっていく様子がわかる。

special careのベビーがいるこの部屋に子どもの絵本が常時置いてある。きっと愉馬のような子どもに困ったママのために、看護師さんやスタッフがこうやって遊んでくれたり、絵本を読んでくれたりしているのだと想像できる。
絵本だって、子どもが興味を持ってくれるには読み方だってコツがある。スタッフはいつも笑顔で必ず声をかけてくれるし、ゆったりしているようにみえるが、やるべきことをテキパキとやっている。こういう状況をつく出している医療体制は本当にすごいと思う。
Baby Momo left the hospital .

カレンダー

«10月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

ブログ内検索

フィード