山下ふみこオフィシャルブログ

2018.12.26

権力と地域破壊

12月25日の東京新聞に掲載された記事は、ちょうど高架事業のために地域が2分化されている状況によく似ている。同じまちの住民でありながら、ずっとその地域の住民を苦しめ続けてきている。そして、県も市も議会も推進派が圧倒的に市民に支持されている現実があり、いよいよ強制収容に踏み込もうとしている。
既成事実が淡々と積み上げら、着々と進もうとしているかのように見えるが、その裏側には人口減少と高齢化によりさらに大きな財政的な課題と想定以上の社会変化と温暖化による異常気象が急速に迫ってきている。

昭和の半ばから計画されていた三重県芦浜原発計画は、その予定地が反対派と賛成派で2分化され対立は泥沼化。三重県知事だった北川正恭さんは、賛成、反対派との国の狭間で悩んだ末、2000年に白紙表明。

当時の北川県知事は、原発建設に同意を求められる立場であった。しかし、現地で目にしたのは、昔から支え合って暮らしてきたはずの漁村で、家族でも原発への賛否が別れると口も利かなくなるような殺伐とした状況だった。

彼は「このまま原発を進めれば、地域破壊がさらに進み、住民を苦しめ続ける。権力がそこまでしていいのか」。悩んだ末に「住民の同意と協力が得られている状態とは言い難い」と県議会で表明し、計画は撤回された。

この記事をきっかけに現在強制収容が取り沙汰されている原地域の住民の思いに心を寄せてみる。(↓下の記事をクリック)

2018.12.18

お散歩ボランティア

毎月第1、2火曜日に行う「児童発達支援センターみゆき」に通う児童のお散歩ボランティア。今日は久々に快晴で風もなく、まさにお散歩日和です。
児童は運動能力によって4班に別れて目的地がそれぞれ違う。小一時間のお散歩を、本当に子どもたちはどう思っているのだろうかと思っていたのだが、先日、ある母親からお散歩ボランティアにとても感謝しているという声を聞き、今回、仲間のボランティアに話すと「そういう声を聞くと張り合いがでるわぁ。じゃあ、もうちょっとがんばろう」っと。やはり、そういう声が今まで全く聞いたことがなかったので、みんなとても素直に喜んでいた。決して何かを期待してやっているわけではないが、子どもの嬉しそうな顔を見るだけで、こちらもウキウキになってしまう

2018.12.16

第14回日曜ダイニング親子de BON

ひとり親家庭や障害を持った親子を”沼津ぼんどーる”http://bondool.com/が招待してX'mas会を行う。毎月第3日曜日の17:30から定期的に行っている親子で食卓が今日は特別にクリスマス会。10組の親子のうち今回が初めてという方が半分。

今夜のクリスマスの食卓は、初めて洋食スタイル。いつもは完璧な懐石スタイルの和食ですが、今夜ばかりは子どもたちが喜びそうなものばかりです。その上、サンタさんの登場でプレゼントまでもらえちゃうなんて一足早いクリスマスのおもてなしに心もお腹もほっこりと満たされ、お母さんたちは子どもに優しくなっている自分に気づかされると言っています。

ぼんどーるでの親子の食卓は、当初は個々に声をかけさせていただいていたのが、、今では一度来た人が別の人に声をかけて繋がって来ています。参加者は普段子供と一緒にいける食事処といえば、ファミレスのような処しかなく、日本料理など全く行く機会もないし、行ったとしても周りに気兼ねをして行こうと思ったことはなかったと言います。
でも此処では離れのお座敷を用意してくださっているので、子どもたちが動き回っても気兼ねなく食事ができるように配慮してくださっています。

クリスマスバージョンの食事は板長さんやスタッフのアイデアがいっぱいのメニュー。トマトのサンタさんやツリーは思わず「可愛いっ!」って声が上がり、ケーキは自分でデコレーションするようになっていたり、本当にアイデア満載です。手間暇かけた心づくしのお料理はちゃんと子どもやお母さんに伝わっています。

「いつか自分でお金を出して、親子でこの食事を食べに行こうと思うようになりました。」という声が聞こえてきます。

2018.12.16

子育てクリスマス音楽会by NVN

NPO法人NVNの毎年恒例の「子育てクリスマス音楽会」
出演の沼津ウィンドアンサンブルの音楽に合わせて、子供達は自由に踊ったり、歌ったり、寝そべったり、飛び跳ねたりと、この音楽会は子ども中心の音楽会。だから誰にも気兼ねせず、好きなスタイルで好きなことをしながら、生演奏を楽しんでいられるなんて「何て贅沢な企画」でしょう。

親子揃ってリラックスしている音楽を聴いている様子にきっと演奏者にも伝わっていたでしょう。誰も「静かに聴きなさい!」なんて言われない音楽会もいいなぁ〜
子どもたちはとても楽しそう。

NVNの活動は、災害時でも「まずは自分を守ること』これが一番大事なのですが、自分の心を守る支援の一環として今回のような楽しい音楽会は「災害救援」の大切な活動として行っています。

東南海地震はいつ来てもおかしくないと言われ続けて久しい中、災害を忘れないで伝えることを大切に、常に被災した方々の心に思いを寄せて活動をしているNVNに心から感謝したいと思います。

カレンダー

«12月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ