山下ふみこオフィシャルブログ

環境

2019.08.28

香川県・豊島の産廃不法投棄in高松研修NO1

8月22日から2泊3日で第11回・自治体議員政策情報センター・虹とみどりの年に1回開催される研修に県内の議員と一緒に香川県高松へ向かう。昨年の全国大会は沼津で、静岡県内の議員や仲間に助けられ無事に終わり、それから1年後の大会であり、私にとっては感慨深いものがある。
今回、特に印象に残ったのは、瀬戸内海に浮かぶ豊島(てしま)産業廃棄物不法投棄事件の現場を訪れたことである。
高松港から船便30分、美しいこの島に、産廃の業者と県に対して壮絶な住民運動が20年以上にわたって展開された。
1970年代後半から80年代にかけ、悪質な業者と無策な行政によって引き起こされた産廃不法投棄事件
1600人ほど(当時)の島民が立ち上がり、様々な住民運動を展開した。最終的に香川県に責任を認めさせ、91万トンにも及ぶ廃棄物の撤去を勝ち取った。2003年から撤去が始まり、2019年に770億円かけて撤去は完了したが、まだ完全な処理には至っていない。

⇩写真は現在の産廃撤去が終わった現場。当時はあの山の高さ(15m)まで産廃のゴミが積み上げられていたという)

1978年、住民は業者に産廃処理の許可を与えることに反対であった。経営者が、金もうけのためなら何をしでかすかわからない人間だと再三陳情したにも関わらず、香川県は業者に許可をだした。

当時の知事は『住民の反対は事業者いじめであり、住民エゴである。豊島の海は青く空気はきれいだが、住民の心は灰色だ』と言い放った。
当時の香川県は考えられないほど公権力の横暴としか言いようがない。
業者は『ミミズの養殖』のため、食品汚泥など無害物を持ち込むという約束であった。しかし実際には、車の破砕くずや廃油など、大量に不法投棄し、野焼きをした。集落には、煙や異臭が漂い、咳が止まらなくなる住民もいたという。
しかし、業者の不法投棄を香川県は黙認した。

住民は、県に指導するよう再三求めたが、無視され続けた。住民が担当課に行って、庁舎の窓から見えるあの煙が見えないのかと迫ると、横を向いて、『見えません』と言い切った。さらに県は、業者が持ち込んでいるのは廃棄物ではなく、『金属回収の原材料』と詭弁(きべん)を言い出す始末。

⇩下の写真は豊島の産廃ツアーに参加した議員(前列右から3人目が、当事者でありガイドをしてくださった石井さん)

なぜ県は実態を把握しながら、黙認したのか?許可を出した行政が最初の違法な不法投棄を見て見ぬ振りをしたことが、豊島住民に過酷な闘争に陥らせ、20年以上にわたって公害調停と住民闘争が続けられた。

県の職員は『経営者の暴力を恐れた』という。強いものに巻かれて怖くて指導ができなかったというのだろうか。無責任、事なかれ主義という行政の体質が、豊島住民はもちろんだが、県民に大きな負担を強いることに繋がった。しかし、いったい誰がその責任を負ったというのだろうか。

1990年に隣県の兵庫県警の強制捜査で不法投棄は止まった。当事者の香川県は許可を出した以上、不法投棄に見て見ぬ振りを通した。そんなことが許せるのだろうか。

大量の産廃ゴミが残り、住民は県、事業者、国などに撤去を求め、1993年に公害調停を申請。一方で、県は責任を否定し、『安全宣言』を出し、ゴミを放置しようとした。
勝ち目のない闘いだったが、『自分たちの代で美しかったこの豊島をゴミの山のまま子ども達の世代に押し付けるわけにはいかない』「子どもたちに豊かな環境を残してやりたい。第2、第3の豊島事件をおこしてはいけない」ただそれだけのこと。人間本来の、ごく当たり前のささやかな思いである。

2019.05.26

村田光平さんのブログから

元駐スイス大使の村田光平さんのブログから、貴重な小出裕章氏の論説が転載されていました。
まるでなかったことのように生活している日々に、何と愚かな私だろうと思っています。その反省を込めて村田光平さんのブログから転載します。

https://syounantheo.hatenablog.com/entry/2019/05/21/220000?fbclid=IwAR1uSIfF0OdgJRRi8tvr3wK2mLaT2NQjbxcYJnK320NN7_xaQRRdwgihhlk

2018.11.17

駿河湾と富士山 in NUMAZU

東京からヨットマンの友人が、先々週、沼津に来て、駿河湾の潮の香と富士山で病んでいた身も心もすっかり元気を取り戻したことに自分自身が驚き、さらにその持続性を確認するためなのだろうか、またの来訪である。
「沼津っていいなぁ、俺好きになったぁ!!」と大人気もなくはしゃぐその姿に、沼津っ子としては嬉しく、彼が眩しくさえある。
こんなに無邪気に手放しで「このまちが好きだダァ」なんて言ったことがあっただろうか・・・

彼はさらに「日本で最も美しい湾であり、富士山の美しい海なんだよなぁ・・・」って。この日は凪も静かで最高のヨット日和でした。

2018.10.07

暮らしと環境 by 馬場利子

10/7(日)ユーコープ新沢田店のコミュニティルームで「NUMAZUという未来」の会で、環境省認定第1号環境カウンセラー・馬場利子さんの講演会を行う。
健やかないのちをつなぐ暮らしと環境~賢くしあわせに生きる方法~

連休にもかかわらず多くの方が参加して下さいました。今回の講演会で知った化学物質が及ぼす体への影響は発がん性ばかりではなく、発育障害、知能・運動能力の低下、ダイオキシン汚染の胎児や乳児への影響など、子どもたちの発育過程において、発達障害の科学的な根拠を示しながら、国がすべきこと、地域ができること、私たち一人ひとりができることなど、それぞれの役割のなかで続けていくことが、未来への子どもたちに繋げていくことになると。

今の子どもたちに起きている発達段階における障害は、事実を知ることで自分が出来ることは日々の暮らしの中にあること。そして命は目に見えないけれど、口に入るもの、皮膚から入るもの、鼻から入るもの、全てが繋がっているので、知れば防げることがずいぶんあり、悲観していることばかりではないことがわかる。

多くの気づきを頂いた講演会でした。10年20年後の社会を見据え、今の政策やがどのように将来につながっていくのか、まずは知ること、ちゃんと理解することから始まっていくということ。当たり前のことだけれど、ついつい、テレビ等のメディアで知ったことで鵜呑みをしてしまう。間違っていないけれど、その事実が全てではないことをちゃんと理解していくことが大事

この上でダブルクリック - テキストの編集

この上でマウスを長押し - パーツの追加・変更・削除・移動

2018.10.06

子どもを守る暮らし by 馬場利子

10/4プラサヴェルデ会議室で環境カウンセラー馬場利子さんの連続講座・第1回「家の中の化学物質・農薬を知る!」講座に参加。
パルシステム静岡の主催で多くの方が参加しました。

私たちが日ごろ当たり前に使っているラップ、虫よけ、防虫剤、抗菌グッズ、合成洗剤、電子レンジ・・・身近なものが長年使っているうちに、実は身体へ影響が及んでいる。その影響が最も著しい子どもが侵されているとしたら、せめて我が子を守りたいと思うのは当然。まずは自分の大事な家族を守るにはまず知ることから始めましょう!と馬場さんは言う。

「過去と他人は変えられないけど、自分と未来は変えられる。創っていける。」

考えても実行しなければ変わらない。(自分で調べて実行することが第1歩)

知ってみたらやってみよう。(知ってもやらなければストレスになって、こういう講座にも出なくなり、知ることが嫌になってしまう)

30年後どんな自分になっていたいのか。それを考えたとき、今の暮らしを少しでも変えるってことを考えてみませんか?自分がどう暮らしたいのか、自分の選択でできることがあるでしょう。

例えば、微量の農薬でもその被害は大きい。家庭で日ごろ使っているものとしては、殺虫剤、殺ダニ剤、シロアリ駆除剤、ペット用防虫抗菌剤、臭い消し…家の中で手ごろに虫やペットに撒いている。それが空中に撒かれたことによっていろいろの被害(症状)が起きている。
例えば、疲労倦怠感、頭痛、イライラ、精神不安定、呼吸器系の異常etc.
特に化学物質の影響は口から入った場合を1とするならば、皮膚に塗った場合、4~12倍の影響、その空気を吸った場合は24~120倍の影響にまで大きく膨らむという。

化学物質が及ぼす人体への影響
経口(食べたら)1倍→経皮(塗ったら)4~12倍、経鼻(吸ったら)24~120倍

下の図:微量の農薬等の化学物質によって起こりえる急性被害の例として
(↓下図の引用原著は「化学物質過敏症ってどんな病気?」石川哲著 合同出版社)

自分でもできることがある対策として
★★★環境ホルモンから身を守るために★★★

カレンダー

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

フィード